あっ!?クマや。死んだフリせぇ!!

 吉本新喜劇でお馴染み、故島木譲二氏の定番ギャグでご存じの方も多いかと思う。
(再生時には大音量が出ることがあります。再生ボタンをクリックする前に右下の
音量コントロールバーで調節してください。)

山などで突然クマに遭遇してしまった場合、この「死んだふり」というのは本当に有効なの
だろうか?
 星の数ほどあるクマとの遭遇事件。やはりクマの習性として動かない生物に対して興味を
抱き、確認と好奇心のため近寄ってくることが多く、眼の前に寄って来たクマに観察されて
いる間、少しでも動けば間違いなく襲われると聞く。やはり「死んだ振り」と言うのは良く
ないらしい。
 これは数年前、知り合いのカメラマンN氏から聞いた話である。真夏の北海道でのとある
高原でモデル女性相手に1対1で撮影中のこと、30メートル足らず先の雑木林が騒がしい
ことに気が付いたが、N氏は「なんだか風の影響かな?枝の音がガサガサとうるさいな。」
などと安易に考え、それはもう夢中で撮影を続けていた。
 暫く続いた撮影のさなか、そのガサガサ音の正体が判明することとなった。それはヒグマ
だったのだ。その時の位置関係はこんな感じ(だったと聞く)。

 「その時は相方(モデルさん)の存在も脳内から消し飛び(背を向けて)逃げようとしか
考えられなかったのだけど、金縛りにあったように全く身体が動かなかった。なるほど良く
言う『腰が抜ける』とはこんな状態だったのか。」(背を向けず、と言うか向けられずに)
クマの眼をじっと睨んだ状態だったらしい。それが結果オーライとなったかは神のみぞ知る
処だが、暫く睨み合いの後、満腹だったのか、それとも二人の人間には興味がなかったのか、
クマはくるりと背を向けて雑木林の中へと消えて行った。
 我に返ると全裸のモデルさんはその場にへたり込んで大泣き、無論のこと撮影は中止され
這々の体で飛行機に飛び乗り帰宅した(らしい)。「雑木林から20メートル以上も離れて
いたので助かったかな?もう少し近かったらハチ合わせになっていて完全に襲われていた。」
とのこと。
 夏の北海道、その大自然は素晴らしくも魅力あるロケーションと成り得る。しかし斯様な
危険も普通に存在している。私も「一度は夏の北海道で」との思いも大いにあったのだが、
やはりこんな話を聞いてしまってからは腰が引けてしまう。(冬場雪撮は結構ヤッたけどね)
う~ん、どうしよう。ならば東北かな。うん?ヒグマは居ないけどツキノワグマはウヨウヨ
しているなぁ・・・

(6.2.3記)

 

タイトルとURLをコピーしました